Most Popular Photograph

p_82806.jpg

結婚式の招待客リストのルール

結婚する事を決め、式場も選び色んな人に祝福してほしいと思っている方が、呼びたいとお考えの方に送る招待状。実は、招待状を送ったときから結婚式は始まっているといっても過言ではありませんよ。具体的なルールですが、新郎新婦側のどちらかに人数の偏りがないようにしましょう。ご親戚を招待する場合には、ご両家のご両親にきちんと相談をしてから決めてくださいね。特に目上の方や主賓の方に送る場合には、事前に連絡をしましょう。


招待状の文面の書き方

結婚式の招待状の文面にも、色々書き方のルールというものがあります。例えば、忌み言葉といわれる「切れる」「別れる」「なくなる」「終わる」など、縁起の悪い言葉は避けましょう。その関連から、「晴れの日の行事に終止符を打たない」という意味で、句読点をうってはいけませんし、段落の行の頭も空けずにつめて書きましょう。その他にも、繰り返しを表現する「たびたび」や「また」「重ね重ね」などの言葉を用いることもタブーです。


まだまだある!招待状のマナー

宛名書き一つとっても、結婚式の招待状にはルールがあります。まず、毛筆か筆ペンで書くことが一般的ですが、自信のない方は専門の業者に頼むこともできます。一家族3名まで封筒に記入できますが、その際それぞれの名前に「様」をつけましょう。4名以上の場合は、ご夫婦もしくは世帯主にあたる人とそのパートナーのお名前だけ記入し、お子様がいらっしゃる場合には「くん」「ちゃん」を使います。送付用の切手は、「寿切手」もしくは「慶事用切手」を使います。



結婚式場を神奈川で利用をすると多数ありますので理想の結婚式が開けることになるので知っておくとよいでしょう。

関連情報を詳しく見てみる

結婚式はもう始まってる!?招待状のマナー

0 Loves

p_199948.jpg

自分で稼いだお金が取られる

昨今晩婚化、三割が離婚と結婚に対してマイナスな言葉をよく耳にしますね。確かに独身時代に比べてデメリットが多すぎるということには納得です。稼いだ給料は共有しなければならないし、もちろん別々に管理してもいいわけですが、金銭に関して色々なことを共有し話し合わなければならなくなりますよね。自由とは程遠い、これに関しては納得です。でも本当にただ取られているだけですか、本当に何のお返しももらっていないでしょうか。


自由な時間と空間がなくなってしまう

一人暮らしでも実家でも、休日や平日の夜、一人で過ごせる空間と時間は確保されていましたよね。ところが結婚すると、その自由を二人で共有することが圧倒的に増えてきます。奥さんは休日くらい遊んでほしい、旦那さんは休日くらい休ませてほしい、ここに更に子供も増えた日にはもっともっと誰かと何かをする時間が増えていきます。空間的にも誰かがいつもいる状態になるでしょう。考えただけでも独身のほうが楽だし疲れませんよね。


味方になる誰かがいるということ

確かにデメリットが多いですが、仕事で辛かった日の夜を思い出してみてください。一人で眠れない、明日が怖い、自分の将来が不安、そんなときに話を聞いてくれるのは、一緒に暮らしている家族です。精神的に辛ければ話を聞いてくれる、金銭的に苦しければ一緒に働いてくれる、大丈夫大丈夫と励まして安心させてくれる、結婚するとはそんな絶対的な味方がいるということです。お金や自由を奪われる以上に手に入る温かさが最大のメリットではないでしょうか。



エンゲージリングの相場はかつては給料の3か月分と言われていましたが、最近では20~40万が相場のようです。

おすすめサイトをご紹介!ブライダルリングを詳しく見てみる

結婚のデメリットが多すぎる!?現代の結婚観

0 Loves