日本古来のやり方で!神前式で結婚式を挙げる

いろいろな挙式スタイルの中でも

結婚式もかなり多様化している時代です。かつてはキリスト教式の結婚式が特に花嫁の憧れとしてもてはやされた時代もありましたね。もちろん、ウエディングドレスにあこがれる女性は今でもたくさんいますし、キリスト教式の結婚式もとても華やかなものです。しかし最近では、神前式の結婚式の良さというものも見直されてきているんですね。神前式の結婚式は日本古来の結婚の儀式ですし、伝統をその身に感じることのできる厳かな結婚式になるはずです。

伝統和装を身に纏って

神前式の結婚式は、古式ゆかしい伝統的な儀式ですね。三々九度や玉串礼拝など、古くからのやり方を踏襲して行われる神前式の結婚式は、今では外国人さえもが好んで選ぶ挙式スタイルのひとつになっています。まして日本人であるならば、一度は経験してみたい挙式スタイルですよね。神前式の結婚式を挙げた後に、披露宴会場に移動して披露宴を行うなんてこともできたりします。神前式の結婚式も、こんな風に多様化していて多くの人に人気のスタイルとなっているんですね。

神前式ではどんなことをするの?

神前式は日本古来の伝統的な結婚式とはいっても、どんなことをするのか知らないという人もいますよね。神前式は時間にすれば20分程度のものですが、内容はとても凝縮したものになっています。修祓の儀という神主が新郎新婦や親族一同を幣でおはらいをする儀式や、祝詞奏上という神に二人の幸福を報告する儀式、夫婦が永遠の契りを交わす三々九度の儀式など、けっこう盛りだくさんに儀式が続いていきます。日本人であるからか、とても身の引き締まる経験になること請け合いですよ。

結婚式場を東京で選ぶなら、見た目だけで選んではいけません。見た目や第一印象だけではなく、内容などの本質までみて選ぶことが大切です。

Comments are closed.